6/28

6/28(土)

昼、撮影の仕事。
午後、武蔵境にある国際基督教大学のイベントに友人の編集者の太田さんが出展しているというので見に行く。ちょっとした学祭のようなものらしく、ブースがいくつかあり、「ヘイトスピーチ」に関する写真展もやっていた。いつもツイッターで見かける、デモの写真なんかが大きくプリントされて教室に貼り出され、プロジェクターで関連動画が流れていた。石田さんもどこかに写ってそうだな、と少し探したりした。秋山理央さんの撮った写真もあり、野間さんが写っていた。

編集者の太田さんは、一年前に天然スタジオでプロフィール写真を撮ってくださったのが縁で知り合いになった。関西を中心に活動されていて「福祉施設発!こんなにかわいい雑貨本」という障害者施設で作られる雑貨を紹介する本を出されている。ブースでは「コトノネ」という障害者の働く現場を紹介する雑誌のバックナンバーを持ってこられていたので、一冊購入する。

今日は一日中ずっと気分が落ち込んでいる。また今までと同じようなことを考えて暗い気分になっている。どこにも行きたい場所がなく、会いたい友人も特に思いつかず、でも一人でいることに落ち着かない。そんな自分に気づいてまた落ち込む。こんな時に人と会ったところで何も解決しないのは分かっている。通り雨がすぎるように静かに待つしかない。実際に今日はとてもよく雨が降っている。

まっすぐ帰ろうと思っていたけれど、阿佐ヶ谷のコンコ堂に寄ることにする。携帯の充電も兼ねて2時間ほど居座ってしまった。天野さんと話して少し気がまぎれた。コンコ堂の入ってすぐ右にあるコーナーが好きでいつも何かしらそこから買っている気がする。
パッと手に取った「答えは子どもの中、お母さんの中に」という本を購入。渡辺範子さんという方が書かれていて、福音館書店から出ている。全うな育児本を読めば読む程、自分の出来なさに落ち込むので、あまり立派そうなものは読まないようにしていたのだが、少し捲って読んだところにこんなことが書いてあり、買うのを決めた。
「子どもは絶対なる承認、すなわち「あなたはそれでいいのよ」と受け入れられた根っこがあれば、必ず独立、自立します。子どもの欲求には「動きたい、自分でしたい」というのもありますが、もっと根っこでは「愛されたい」のです。」
私はまだまだ自立出来ていない。

もう20時を過ぎていて、でも家に帰りたくない。阿佐ヶ谷の商店街を当ても無く歩いていて、気まぐれにお菓子のまちおかに入った。店頭で安売りされていたロッテのチョコパイ、ブルボンのチョコあ〜んぱんを手に取る。私にとってお菓子といえばこの二つなのだ。そして懐かしいものを見つけた。UHA味覚糖の「さくらんぼの詩」という袋入りの飴。他にも「野いちごの小道」と「クリームソーダ」がある。これは母がいつも鞄に常備していたものの一つで、気まぐれに幼い私の口に入れてくれたのを思い出す。パッケージの絵も変わらない。手に取ると思わず涙が出そうになった。思えばチョコパイもチョコあ〜んぱんも、母がいつも買っていたものだ。

思わず先生に連絡してみた。


ーーーーー普通は混じり合って灰色をしているものなのですが、きれいにぱっくりと白と黒に別れてしまっていますね。普通はもっと不利幅が小さく一人の人間の機嫌程度の範囲内に収まっているのですが、あなたの場合は完全に交代してしまうようです。自信がなく、不安で見捨てられる恐怖心が強く、人が幸福そうだと気に入らない。そういう黒いあなたです。本来は白だけでも黒だけでもダメです。
ただ白い方の人格が気に入られてると強く思い、黒い方の人格を押し込めて出さないようにする人は、この手の分離を起こします。圧力が高まれば押さえ込んでいる手は弾かれます。しばらくあなたは白くおとなしい物分かりの良い人格だったので、黒いほうがしびれを切らしたのでしょう。あなたの中にその黒い方の人格を嫌う心が強いからです。

黒い方、それは本来のあなたの別人格です。そしてそれは嫌ってはならないものなのです。
切り取ってなくせばいいんだ!と思ってきたと思います。それはより強くその黒い人格を封印しようという決意です。さて、された方はどうでしょうか?「私はお前が大嫌いだ」そう言われているんです。
その黒い子は怒りと悔しさに満ちているのです。存在を認めてもらえない。いなければいいと思われている。しかし間違いなくあなたなんです。イライラして癇癪を起こして暴れる時、あなたが暴れるのはいつも相手がいたと思いますが、その相手はきっかけでありとばっちりです。彼女が一番怒っているのはあなた自身に対してです。

良い人になろう、その意識が黒い人格の切り離しを行いました。その考え方が間違っているんです。悪とは人間にもともと備わった属性の一部であり、善の裏面です。くっついているものは引き剥がせません。何が起こるかというと、あなたが白くなればなるほど、黒い方も黒さを強くするのです。あなたがより善人になれば、より強くあなたの悪が深くなります。
暴力団を徹底的に取り締まれば、街が平和になるという考え方です。犯罪者や暴力団を徹底的に厳しく取り締まれば、平和な街になると信じて締め上げてきたんですね。しかし彼らは実は街の一部です。

考え方を根本から変えてください。いい人になることをやめてください。正確に言うと、いいだけの人ですね。この今のあなたが大事なあなたの人格であるということを忘れてはいけません。白いときは白いが、黒いときは黒いぜ、それでいいんです。
人間はそんな一面だけでは生きてはいけません。どういう感情を持ってもいいし、それは白くても黒くてもあなたの大事な感情です。そう思ってみてください。
今日は当然の揺り戻しです。



22時前に家に着いた。すっかり気持ちは落ち着いていた。得体のしれない何かに、こうして先生から言葉と札をつけてもらう。毎回その作業だ。
[PR]
by hatarake-ecd | 2014-06-30 12:18
<< トークショーがあります 6/26 >>